電話占いどうなの?当たる人と当たらない人がいるのはなぜですか?

電話占いには興味があるけど、本当のところどうなの?と疑いを持っている女性も多いはずです。

口コミをチェックしても「当たった!」という口コミもあれば「当たらない」という口コミもあってどっちを信じたらいいのかわからなくなってしまいますね。

そこでこの記事では「電話占いってどうなの?」というあなたの質問に徹底的に答えていきたいと思います。

果たして電話占いはどうなのでしょうか?

当たるおすすめの電話占いサイト

ウィル
フィール
ピュアリ
ウィル
占い相談
フィール
占い相談
ピュアリ
占い相談

電話占いってぶっちゃけどうなの

最初から結論になってしまいますが、ぶっちゃけ電話占いって本当のところはどうなのでしょうか?
「電話占いは当たるのか?」という質問には「当たる人もいれば、当たらない人もいる」というのがその答えになります。

なんともファジーな結果ですが、どうしてそんなことになってしまうのでしょうか?
次の理由を挙げることができるでしょう。

1:占い師の能力が必ずしもみんな高いわけではない
2:占い師によって特異なジャンルと不得意なジャンルがあるので、それによっても大きく左右される
3:実は占い師と相談者の間には無視できないほどの相性があり、これが当たるか当たらないかに大きく影響する
4:同じ鑑定結果だったとしても相談者の受け取り方で解釈が変わることがある

それぞれの理由についてもっと詳しくチェックしていきたいと思います。

電話占い どうなの?鑑定士のスペックによってその結果は異なる

日本には占いをなりわいにしている鑑定士がたくさんいます。

その中には本業として占い師をしている人もいれば、副業として趣味で占いをしている人もいます。

特に電話占いの場合は、専業で行っているよりも副業として行っている占い師も結構多いのです。

占いと言うのは鑑定士の能力によって大きく左右されるものです。

スキルの高い占い師であれば実際に出てきた兆候を的確に言葉にすることができるのですが、スキルがない占い師の場合、それを具体的に表現することができないのです。

そもそもスキルのない占い師の場合、ちゃんと占えないと言う可能性も十分に考えられるでしょう。

電話占いが当たるか当たらないかと言うのは占い師のスペックによって大きく左右されるため、人によって「当たる」と言う人と「当たらない」と言う人が大きく分かれるのです。

電話占い どうなの?占い師によって得意な相談ジャンルが大きく異なる

さらに電話占いってどうなのよと思う理由の1つに、占い師によって得意なジャンルがバラバラだと言うこともあります。

仕事やスキルに対しての占いを得意にしている鑑定士もいれば、恋愛や人間関係を上手に見ることができる鑑定士もいます。

例えば人間関係が得意な鑑定士に仕事の相談をしても、あまり的確なアドバイスが受けられないかもしれません。

仕事の相談であれば人間関係も含めているのである程度当たるかもしれませんが、例えば健康問題の占いをお願いしても、おそらく的確な結果を出すことができないでしょう。

お医者さんも外科と内科で得意分野が異なるように、鑑定士も得意とする分野が大きく異なるのです。

これは意外と知られていないことで、鑑定士はオールマイティーで何でも見ることができると勘違いしている人もたくさんいます。

そういった人が得意ではないジャンルで鑑定をしてもらった場合には、「当たらない」と言うことになってしまうのです。

電話占い どうなのって思う場合には相性が良くないのかもしれない

鑑定士と相談者の相性の問題は非常にシビアな問題です。

お互い人間同士ですから、どうしても合う合わないと言う事はあります。

合わない人間同士アドバイスをもらったとしても素直に聞くことができませんし、素直に聞くつもりがない相手を鑑定しようとしてもきれいに見ることができないようです。

そのため、ある人にはよく当たる鑑定士だったとしても、別の人には全く当たらない鑑定士になることも珍しくありません。

同じ鑑定士でも相談者によってこれほど結果が変わってしまうのですから、一言で占いが「当たる」か「当たらない」か評価するのは非常に残酷な話と言えるでしょう。

中には自分のスキルを棚に上げて相性の問題にする悪い鑑定士もいますから、そういった鑑定士には絶対当たりたくないですね。

これが電話占いって実際のところはどうなのよ?と思わせてしまう大きな原因の一つなのです。

電話占いってどうなのとなる理由の一つに、相談者の受け取り方がある

同じ鑑定結果だったとしても相談者の受け取り方によってその解釈は大きく異なります。

相談者がネガティブ思考だった場合とポジティブ思考だった場合で、同じ鑑定結果を伝えても相手の取り方が大きく異なるのは仕方がないことです。

例えば60歳の人に「70歳まで健康に生きることができます」と伝えた場合、「まだまだ10年は健康に生きられる、これは長いので存分に楽しもう!」と前向きに捉える人もいれば、「70歳までカウントダウンしながら、あとたったの10年しかない」と凹んでしまう人もいることでしょう。

つまり同じ鑑定結果だったとしても、良いように捉えるか悪いように捉えるかは相談者次第になってしまい、これは鑑定私にはどうすることもできません。

あくまでこれは極端な例なのですが、このように同じ鑑定結果も人によって捉え方が異なると言うのは「占いが当たらない」と言われてしまう大きな理由であることは間違いありません。

電話占い どうなののまとめについて

この記事では電話占いって本当はどうなのと思っている人に向けて、電話占いが当たるか当たらないかについて解説してきました。

電話占いは当たるとも当たらないとも言い切れないと言うのがその答えになってしまうのですが、結論、それ以外に言いようがありません。

つまりケースバイケースと言う事ですから、あまり深刻に捉える必要はありません。

あなたに相性が良い鑑定士と出会うことができればそれで全て解決する問題なのかもしれませんね。

当たるおすすめの電話占いサイト

ウィル
フィール
ピュアリ
ウィル
占い相談
フィール
占い相談
ピュアリ
占い相談

以上、電話占いどうなの?当たる人と当たらない人がいるのはなぜですか?…でした。